株式会社 マルナカ

綱吉でワンチャンを怪我から守る。

マルナカの想い

動物は、
私たちの生活を様々なかたちで
豊かにしてくれ、時には家族と同じように、
かけがえのない存在です。
しかし、無責任な飼い主による飼育放棄、
迷子の犬猫、
所有者がいない犬猫等の殺処分は
最も深刻な社会問題の一つです。
わたしたちは、
動物が幸せに暮らせる社会を
目標としています。

愛犬を怪我から守る

フローリングのすべりが原因で、
実際に多くのケガが起きています。

犬のケガの多くは、家の中で起きた、関節や骨にかかわるものです。

特に「脱臼」「骨折」は、そのほとんどが家の中で起きています。

出典:「47.7%のペットがケガや事故を経験、最多は異物誤飲事故」

ワンちゃんといっしょに住むお家のお悩み箇所、そのダントツの1位がフローリングです。ツルツルすべることによる、ケガの関節病の不安を中心に、多くの飼い主さんが「どうにかしたいが、正しい解決方法がわからない・・・」と、頭を悩ませています。

フローリングのすべりが原因となる、代表的な犬の関節病

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼

罹りやすい犬種:
トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、プードル、ほか

後脚の膝の骨(膝蓋骨)が内側にずれ、進行すると歩行も困難に。肥満や高いところから飛び降りた際の衝撃も原因に挙げられますが、もっとも多いのは、室内飼育における床のすべり。トイ・プードルをはじめ、多くの小型犬に見られる病気です。気づかずにそのまま放置、運動させていると、前十字靭帯断裂を併発することもあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

罹りやすい犬種:
ミニチュア・ダックス憤怒、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、フレンチ・ブルドッグなど

背骨の間にある椎間板が飛び出し、神経を圧迫する病気で、慢性的に進行する場合もありますが、ほとんどは突発性で、進行すると脚がマヒし、立つことすらできません。さらに、椎間板が神経細胞に刺さり、脊髄軟化症を発症してしまうと、一週間ほどで命を落としてしまいます。特に軟骨異栄養犬種と呼ばれる、椎間板内の水分が脱水しやすい上記の犬種は、すべる床には何らかの対処を講じてください。

股関節形成不全

股関節形成不全

罹りやすい犬種:
ポメラニアン、ゴールデン・レトリバー、ラブラドールレトリバー、ボーダー・コリーなど

股関節が緩み、炎症による痛みなどで歩き方にも異常が表れます。遺伝性の発症は大型犬には多く見られますが、中・小型犬の場合は、その多くが床のすべりなどの、環境的な原因によるものです。遺伝性の場合は関節を人工のものに置き換えるなどの手術が止むを得ないケースもあり得ますが、環境を整え、関節に負担をかけさせないように努めることが、何よりの予防です。

レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテス病

罹りやすい犬種:
トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、成長期の犬など

骨盤と接する側の大腿骨の先端で壊死する病で、特に小型犬の成長期に多く表れます。遺伝性のものとも考えられていますが、床のすべりが原因あるいは助長させてしまうケースもあります。一度かかってしまうと、治療は手術意外に方法がなく、壊死した部分を切除したり、関節を人工のものに置き換えるなどの処置を施します。

TSUNAYOSHIの床が、ワンちゃんを関節病から守ります。

ワンちゃんのことだけを考えたモノ作り 100人でたった1人にでも響いてほしい

ワンちゃんのことだけを考えたモノ作り

私たちが愛犬の為にと思い作っている物は、本当に「使う相手」のことを考えていただろうか。メンテナンスのしやすさ等は、実は人間サイドの問題で、「使う相手」であるワンちゃんの問題ではありませんでした。そしてワンちゃんと一緒に生活している人は、「自分の家族」であるワンちゃんがいかに快適に過ごせるか、を最優先に考えているんじゃないだろうか。本当に大事な家族のためだったら、少々値が張っても高品質を求める人はいるんじゃないだろうか。もし自分の家族の足が悪かったら? 歩くたびに腰が痛くなってしまったら? それが改善できる物が目の前にあったとしたら?

100人でたった1人にでも響いてほしい

もちろん、企業として製品作りを続けるには売れないといけませんし、実際にお金を出して物を買うのはご家族です。だから人間目線で商品作りを考えてしまうのは当然かも知れません。
でも、だから思うのです。三重県の片田舎の製材所が作るものくらい、本当にワンちゃんのこと「だけ」を考えたモノ作りでもいいんじゃないか。これが100人中100人に気に入ってもらえるとは思えない。でも、その100人でたった一人、「どうしてもウチのワンちゃんが一番快適に過ごせるようにしたい」という一人に響くモノ作りができれば、私たちは十分幸せなんじゃないか。

国産杉で犬が喜ぶ部分だけを使う

国産杉で犬が喜ぶ部分だけを使う

杉は他の樹種に比べて大変柔らかく、さらりとした肌触りのため、フローリングに使うとワンちゃんが走り回っても足腰への負担は少ないです。傷は付きやすいですが、肉球や爪でしっかり踏みしめることができます。また杉はヒノキほど強い香りがありません。ほどよい香りを保ったままにすれば、嗅覚の鋭いワンちゃん達もゴキゲンでしょう。グリップが利きやすい方向に板を揃え、、滑りを減らすため節のあるところを排除しました。製材方法を変え、「柾目(まさめ)」というまっすぐな木目だけで切り出し、より滑り止め効果を引き出すことができました。さらに滑りにくくするようブラッシングをして洗い出し仕上げにすれば、ワンちゃんにとって一番快適に過ごせるフローリングを作れるのではないか。塗装をあえて何もせず、木の質感をそのまま残す無塗装で床に敷けば、ワンちゃん達には一番いいと考えました。

新発売キャンペーンとして今なら今なら「1ヶ月無料キャンペーン中」です。

サンプルのお申し込み・お問い合わせ

お名前

メールアドレス

メールアドレス確認用

電話番号

サンプル請求

郵便番号

ご住所

お問い合わせ内容

お電話でのお問い合わせはこちら

0598-42-3131 受付時間:平日9:00〜17:00